地下鉄姪浜駅より徒歩4分の耳鼻咽喉科・アレルギー科

矢野耳鼻咽喉科

手術・専門治療のご案内

下鼻甲介粘膜レーザー焼灼術
(鼻粘膜レーザー治療)Laser treatment

現在、新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止しております

このような方にお勧めしています

  • アレルギー性鼻炎、花粉症、肥厚性鼻炎などが適応となります。
  • 薬が効きにくい方、薬が合わない方、薬を減らしたい方、鼻づまりが強い方、妊娠を考えている方、などにお勧めしています。
【画像】下鼻甲介粘膜レーザー焼灼術(鼻粘膜レーザー治療)

手術について

手術時間

ガーゼによる局所麻酔が20分程度、手術時間は両側で10分程度です。

実施可能年齢

我慢できるお子さんは、5歳くらいから施術可能です。

治療について

  • 下甲介粘膜にレーザーを照射することにより、粘膜下の組織を減量させる治療法です。
  • 症状(鼻づまり・鼻漏・くしゃみ)の改善、薬の減量を目的に行います。
  • 治療後、数日から1週間は一時的に鼻炎症状が悪化しますが、その後、過敏性の減った新しい粘膜が再生してきます。
  • 外来で施行可能です。

下鼻甲介粘膜レーザー焼灼術の効果について

  • 効果の出方は重症度や個人差によりますが、約75%の方に有効と言われています。
  • 鼻閉に対する効果が最も期待できます。
  • 効果が2年以上持続する方もあれば、効果がでない方もおられ(約25%)、レーザーに対する粘膜の反応は個人差が大きいと言われています。

レーザー治療は予約制です

当院では、診察にてレーザー治療の適応があるかの判断を行った後、レーザー治療施行日を完全予約制で決めております。

花粉症の方は施行する時期に注意してください

花粉飛散期(2月~4月)のレーザー治療は、症状がさらに悪化する可能性があるため行っておりません。花粉飛散前にご相談ください。
花粉症がない方はいつの時期でも施行可能です。

中耳炎の治療Treatment of the eardrum

鼓膜切開刀による鼓膜切開

通常の鼓膜切開法で、切開孔が数日で閉鎖し、再発することがしばしばあります。

【画像】鼓膜切開刀による鼓膜切開

レーザーによる鼓膜開窓

  • レーザーを使用して、鼓膜に円形の小さな穴を一瞬にして作成することができます。
  • 切開孔のサイズは自由に設定可能で、中耳炎の状態により決定します。
  • 1〜3週間切開孔が維持でき、治癒率が高くなります。

鼓膜チューブ留置術(短期用チューブ・長期用チューブ)

  • 非常に良い治療法ですが、鼓膜に穿孔が残ることがあります。
  • 中耳粘膜の改善を目的に、短期用チューブで1~3ヶ月程度、長期用チューブで1~2年程度、チューブ留置を行います。
【画像】鼓膜チューブ留置術(短期用チューブ・長期用チューブ)

鼓膜穿孔閉鎖術

従来の手術法では、耳後部皮膚を切開して、皮下組織を採取し、組織接着剤を使用して鼓膜穿孔部に貼り付けます。
この方法は、皮膚切開も組織接着剤も不要で、鼓膜用レーザーと人工皮膚材を用いて短時間に行える、低侵襲の方法です。

手術の流れ

  1. 麻酔液を浸した綿球を穿孔周囲の鼓膜面に10分程度置きます。
  2. 鼓膜用レーザーにて、鼓膜穿孔縁を処理(新鮮化)します。
  3. 人工皮膚材で穿孔部を塞いで終了です。

適応は?

外傷性鼓膜穿孔、慢性穿孔性中耳炎、鼓膜換気チューブ脱落後の鼓膜穿孔残存など。

  • 慢性中耳炎では、耳漏が少なくとも3ヶ月は見られないことが必要です。
  • 鼓膜の石灰化が強い例や鼓膜穿孔の位置・大きさによっては、手術が困難なことがあります。
  • 鼓膜が菲薄化している症例では、かえって穿孔が拡大することもあります。
  • パッチテストで聴力の改善がない場合は、鼓室形成術を考慮します。

舌下免疫療法Sublingual immunotherapy

アレルギーの原因物質のエキス(ダニ・すぎ)を少しずつ舌下より体内に入れて、徐々に増やすことにより、アレルギーの原因物質に慣れさせる治療法です。体質改善になるので、他の治療法と異なり、根治する可能性があります。(約15%)

【画像】舌下免疫療法
注意事項
  • 全員に効果が出るわけではありません(約10%は無効)
  • 薬の服用は、初回のみ院内で行い、2回目以降は自宅で行っていただきます。
  • 治療の継続期間は、3~5年以上の継続が推奨されています。(毎日薬を続ける必要があります)
  • すぎ花粉症の場合、安全性の観点から、すぎ花粉飛散のない時期(6月~11月)に治療を開始することとされています。
最新の報告で効果は?

スギ花粉では、約15%が完全寛解(症状がほとんど出なくなる)、約65%が症状軽快、合わせて約80%が症状軽減。
ダニでは、スギ花粉と同様またはやや劣る、となっております。

舌下免疫療法Q&A

診療対象は何歳からですか?
鼻アレルギー診療ガイドラインでは、軽症から重症まですべての方が対象となります。
特に次のような方にお勧めしています。
  • 対症療法ではなく、体質改善をしたい。
  • 症状を少しでも軽くしたい、薬を減らしたい。
  • 薬があまり効かない、眠気など副作用がでる。
  • 将来妊娠した場合に、薬が使えないのが心配。
  • 勉強・スポーツ・仕事等に支障あり。
治療の方法を教えてください。
薬を舌下(舌の裏)にいれ、1分間保持し、その後飲み込みます。1回目の投与は医療機関で行いますが、翌日からは自宅で毎日行います(1日1回)。
通院は必要でしょうか?
治療開始後の数回は、副作用がなく安全に治療できているかを、1~2週間目に確認します。その後は、1か月に1回の受診となります。
効果はすぐに出ますか?
開始してすぐに効果が出る治療法ではありません。効果が出るまでに最低数か月は必要で、開始後1年以上かけて効果が高まっていくと考えられています。
副作用はありますか?
アレルギーの原因となるものを口腔内に入れるため、アレルギー反応が起こる可能性があります(副反応)。
最も多いのが、口腔内のかゆみ、違和感、腫れなどです。眼や耳のかゆみや胃腸症状が現れる場合もあります。
これらの症状は治療開始後に多く、治療開始から1か月以内に多く認めます。
スギ花粉とダニの舌下免疫療法の併用は?
安全に行える例では併用も可能です。併用療法を行う場合は、まず、片方のアレルゲンから開始し、安全性を確認してから他方を追加します。
インフルエンザ予防接種は受けて良いか?
インフルエンザなどのワクチンは作用機序が異なるため受けて構いません。
ただし、副作用が出た場合にどちらが原因か分からなくなるため、両者を数時間は空けて行うようにしてください。(午前と午後など)
国内・海外旅行に行く場合は?
  • 海外旅行の場合、副作用出現時に現地での対応に不安があれば、中断が望ましいと思われます。
  • 維持期に入っている方は、1週間程度の旅行であれば旅行中は治療を中断し、旅行後に再開することが可能です。その場合、減量せず同じ量から再開可能です。(増量期の場合はご相談ください)
  • 長期中断後に再開する場合は、一度減量して再開する必要がありますので、必ず受診をしてください。

Bスポット療法
(EAT:上咽頭擦過療法)Epipharyngeal Abrasive Therapy

現在、新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止しております

Bスポット療法とは?

上咽頭は、鼻の奥にあり呼吸をするたびに空気に触れる場所で、常に外部からの細菌やウイルスに暴露されており炎症を起こしやすい場所です。
上咽頭に炎症が起こると、鼻やのどの症状を中心として、身体のさまざまな不調となってあらわれることが報告されています。Bスポット療法は、上咽頭擦過療法(EAT)ともいわれ、上咽頭をこすって刺激する治療法です。

【画像】Bスポット療法

Bスポット療法は、以下の症状に有効です。

  • 鼻水がのどに流れる(後鼻漏)
  • 鼻やのどの奥の乾燥感
  • 鼻声が治らない
  • 鼻とのどの間の違和感
  • 頭の重たい感じ 等

治療の方法

  • 上咽頭の状態を、ファイバーにて確認します。
  • 炎症が確認された場合、塩化亜鉛をつけた綿棒や捲綿子(曲がった綿棒)で、鼻やのどから上咽頭をこすります。
治療上の注意点
  • Bスポット療法は、大変痛みを感じやすい治療となります。痛みが強い方は数時間ときには半日程度持続することもあります。
    ただし、痛みが強いほど効果が高いと言われており(炎症が強いほど治療時の痛みが強い)、治療を継続していくことで痛みはなくなっていきます。
  • 薬による刺激で、治療後数時間鼻水や痰が出たり、唾液に血液が混じることがありますが徐々におさまります。
  • 治療後は、すぐに飲食可能です。
  • 当院では、20歳以上の方を対象に行っております。