■くびのしこり・腫れ

■くびのしこり・腫れ

 口腔・咽頭・喉頭、甲状腺、顎下腺・耳下腺などの唾液腺、リンパ節などいろいろな部位の病変が原因となります。
まず、触診を行い、さらに、エコー検査、血液検査などで病変を詳しく評価します。
 咽頭がん・喉頭がんなど、のどの悪性腫瘍のリンパ節転移などを疑う場合は、のどのファーバー検査(内視鏡検査)も必要となります。
 悪性疾患の除外を確実におこなうことが重要となります。

甲状腺の病気

検査

  • エコー検査により、内部の性状(大きさ、形状、境界、石灰化など)を詳しく観察し評価をおこないます
  • 血液検査(freeT4・TSH・甲状腺自己抗体など)

 
甲状腺疾患

  • 甲状腺良性腫瘍 腺腫・腺腫様甲状腺腫(adenomatousgoiter)・のう胞など
  • 甲状腺悪性腫瘍 乳頭がん・濾胞がん・未分化がん・悪性リンパ腫など
  • 橋本病(甲状腺機能低下症)
  • バセドウ病(甲状腺機能亢進症)
  • 亜急性甲状腺炎・無痛性甲状腺炎

耳下腺・顎下腺の病気

  • 唾石症
    唾液の排出路に石(唾石)がたまるもので、食事時に痛んだり、腫れたりします。繰り返すもの、石が大きいものは手術が必要です。
     エコー、CT での検査を行います。
  • 反復性耳下腺炎
    耳下腺の腫脹を繰り返す病気です。
  • ムンプス(おたふくかぜ)
    最近成人での罹患例が増加しています。血液検査でムンプスウイルスの抗体検査などを行います

リンパ節の病気

多いのは、咽頭炎・扁桃腺炎によるリンパ節炎です。
中には、菊池病(亜急性壊死性リンパ節炎)、伝染性単核球症(EB ウイルスによる)などの特殊炎症、咽頭がんなど悪性腫瘍のリンパ節転移、悪性リンパ腫(血液のがん)などもあります。
 悪性疾患の除外が重要となります。