■鼻の病気

■鼻の病気

 

アレルギー性鼻炎

くしゃみ、鼻水、鼻づまりが 3 大症状です。

診断

  • 鼻汁好酸球検査:鼻の中に含まれる好酸球を調べます。
  • アレルギー抗体検査:アレルギーの原因(特異的 IgE)を血液検査で調べます。
  • ファイバー検査(鼻腔ポリープ・腫瘍疑い)、レントゲン検査(副鼻腔炎疑い)を行うこともあります。

 

治療
原因抗原の徹底的除去・回避をおこない、内服薬や点鼻薬での治療をまず行います。薬が効かない難治・重症例やご本人の希望により、レーザー治療(下甲介粘膜焼灼術)、舌下免疫療法(ダニ・スギ)などを検討します。

下鼻甲介粘膜レーザー焼灼術(鼻粘膜レーザー治療)

■このような方にお勧めしています

  • アレルギー性鼻炎、花粉症、肥厚性鼻炎などが適応となります。
  • 薬が効きにくい方、薬が合わない方、薬を減らしたい方、鼻づまりが強い方、妊娠を考えている方、などにお勧めしています。

 

■どんな治療?

  • 下甲介粘膜にレーザーを照射することにより、粘膜下の組織を減量させる治療法です。
  • 症状(鼻づまり・鼻漏・くしゃみ)の改善、薬の減量を目的に行います。
  • 治療後、数日から 1 週間は一時的に鼻炎症状が悪化しますが、その後、過敏性の減った新しい粘膜が再生してきます。
  • 外来で施行可能です。

 

■手術時間は?

  • 手術施行時間は、ガーゼによる局所麻酔が 20 分程度、手術時間は両側で 10 分程度です。

 

■可能な年齢は?

  • 我慢できるお子さんは、5 歳くらいから可能です。

 

■花粉症の方は施行する時期に注意

  • 花粉飛散期 (2 月~4 月) のレーザー治療は、症状がさらに悪化する可能性があるため行っておりません。花粉飛散前にご相談ください。
  • 花粉症がない方はいつの時期でも施行可能です。

 

■レーザー治療は予約制です

  • 当院では、診察にてレーザー治療の適応があるかの判断を行った後、レーザー治療施行日を完全予約制で決めております。

 

■効果は?

  • 効果の出方は重症度や個人差によりますが、約 75%の方に有効と言われています。
  • 鼻閉に対する効果が最も期待できます。
  • 効果が 2 年以上持続する方もあれば、効果がでない方もおられ(約 25%)、レーザーに対する粘膜の反応は個人差が大きいと言われています。

舌下免疫療法

アレルギーの原因物質のエキス(ダニ・すぎ)を少しずつ舌下より体内に入れて、徐々に増やすことにより、アレルギーの原因物質に慣れさせる治療法です。体質改善になるので、他の治療法と異なり、根治する可能性があります。(約 20%)

  • 全員に効果が出るわけではありません(約 20%は無効)
  • 薬の服用は、初回のみ院内で行い、2 回目以降は自宅で行っていただきます。
  • 治療の継続期間は、3 年以上の継続が推奨されています。(毎日薬を続ける必要があります)
  • すぎ花粉症の場合、安全性の観点から、すぎ花粉飛散のない時期(6 月~11 月)に治療を開始することとされています。

 

■最新の報告で効果は?

  • スギ花粉に対する舌下免疫療法は、国内では 2014 年 10 月より保険適応となり、約 3年が経過しました。最新の報告では、約 20%が完全寛解(症状がほとんど出なくなる)、約 60%が症状軽快、合わせて約 80%が症状軽減、となっております。

副鼻腔炎

鼻がつまる、色がついた鼻水が出る、鼻が臭い、においがしない、頬や目の周りが痛い、などが主な症状です。

  • レントゲンや CT で副鼻腔炎を起こした部位やその程度、またファイバー検査でポリープや腫瘍の有無を診断します。
  • 長期間の治療に抵抗する場合、腫瘍が疑われる場合、好酸球性副鼻腔炎症例では、手術を検討します。

好酸球性副鼻腔炎

近年、難治性で、早期に嗅覚障害をおこし、再発を頻回におこす、好酸球性副鼻腔炎が増加しています。喘息の合併が多く、鼻腔・副鼻腔の粘膜に好酸球という炎症細胞が多数浸潤します。

鼻出血

鼻は血流が豊富な場所で、刺激により出血を起こすことがしばしばあります。多くは、鼻中隔の前方部の「キーゼルバッハ」と呼ばれる部位からの出血です。
 アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎で鼻を強くかみすぎたり、いじりすぎたりして出血しやすくなっていることがあります。

  • 内服薬(抗凝固剤など)、基礎疾患(高血圧、肝疾患など)のチェックを行います。
  • 血液疾患(白血病、血小板減少症など)、鼻腔・副鼻腔腫瘍、鼻腔ポリープなどが原因のこともあります。
  • 治療は、
    1) 小鼻の部分を指でしっかりつまむ(5 分以上)
    2) ガーゼによる圧迫止血、
    3) 電気メスによる凝固止血など。
  • 症例により、血液検査、ファイバー検査(出血部位の確認、腫瘍・ポリープなどの除外)、CT 等を行います。