■耳の病気・めまい

■外耳・耳介の病気

 

耳垢塞栓(耳あか)

外耳道は耳あかを外へと押し出す働きがありますが、固まって塞栓となると聞こえが悪くなったり、炎症を起こすことがあります。綿棒で奥に押し込んでしまうこともあります。特に、ベタベタした耳あかの方は耳鼻科での処置が望ましいです。

外耳道真珠腫

外耳道に皮膚からの老廃物(角化物)が堆積して、外耳道の炎症と骨破壊を引き起こす病気です。進行すると、難聴、開口障害、顔面神経麻痺などがおこります。病変の進展範囲は CT で評価します。
 大部分の症例は、外来における保存的治療にてコントロール可能です。病変が進行して重症化すると手術が必要となります。

先天性耳瘻孔

耳の横に生まれつき穴が開いている一種の奇形です。感染がなければ放置してかまいません。感染すると、膿がでたり、皮膚が赤く腫れます。抗生剤投与や切開排膿にて様子を見ますが、繰り返すことがあれば手術が必要になります。

■中耳の病気

 

急性中耳炎

ほとんどが、鼻の奥の細菌やウイルスが耳管(耳と鼻をつなぐ管)を通って中耳に感染をおこします。鼻の治療が非常に重要になります。発熱、耳痛、ひどくなると鼓膜が破れて耳だれ(耳漏)がでます。鼓膜の状態、リスクファクター(年齢・集団保育の状況・経過)などを考慮して治療方針を決定します。
抗生剤での治療が無効の場合、反復例・重症例は、鼓膜切開、鼓膜チュービングなどを検討します。

滲出性中耳炎

中耳の気圧調整がうまくいかないと、耳が詰まった感じ・自分の声が響く感じ、が起こり、中耳に水がたまり(浸出液)聞こえが悪くなります。痛みや発熱がないため、乳幼児の場合は、呼んでも返事をしない、声が大きい、耳をよく触る、等の症状で発見されることもしばしばあります。治療に抵抗する場合は、鼓膜切開、レーザーによる鼓膜開窓、鼓膜チューブ留置術を行います。

鼓膜切開術・レーザーによる鼓膜開窓術・鼓膜チューブ留置術

当院では、 急性中耳炎(重症例)・反復性(難治性)中耳炎・滲出性中耳炎に対し、症例ごとに十分検討して、最善の方法を選択・施行します。
 

■鼓膜切開刀による鼓膜切開

  • 通常の鼓膜切開法で、切開孔が数日で閉鎖し、再発することがしばしばあります。

 

■レーザーによる鼓膜開窓

  • レーザーを使用して、鼓膜に円形の小さな穴を一瞬にして作成することができます。
  • 切開孔のサイズは自由に設定可能で、中耳炎の状態により決定します。
  • 1ー3 週間切開孔が維持でき、治癒率が高くなります。

 

■鼓膜チューブ留置術(短期用チューブ・長期用チューブ)

  • 非常に良い治療法ですが、鼓膜に穿孔が残ることがあります。
  • 中耳粘膜の改善を目的に、短期用チューブで 1~3 か月程度、長期用チューブで1~ 2 年程度、チューブ留置を行います。

慢性中耳炎

鼓膜に穴が開いて、耳だれが持続する状態です。まず、抗生剤、処置で消炎をおこない、手術を検討します。

真珠腫性中耳炎

中耳に真珠腫という、塊ができる病気で、放置すると、周囲の骨を溶かしながら進展していき、めまい、顔面神経麻痺、髄膜炎などをおこす怖い病気です。手術が必要です。

耳管開放症

耳管(耳と鼻をつなぐ管)が、やせて通り過ぎる状態で、自分の声が響く、自分の呼吸が聞こえる、耳がつまる、等の症状があります。病気やダイエットなどで急に体重が減少した場合や、薬剤が原因のこともあります。漢方薬や鼓膜にテープを貼って鼓膜の動きを制限する方法が有効なこともあります。難治例は手術を行うこともあります。

耳硬化症

鼓膜の奥には耳小骨という小さな骨が3つあり、その一番奥のあぶみ骨という骨が次第に硬くなり動きが悪くなることで聞こえが悪くなる病気です。鼓膜に異常がない伝音難聴では、耳硬化症を疑う必要があります。

■内耳の病気

 

突発性難聴

ある日突然、耳の聞こえが悪くなる病気です。原因不明ですが、ウイルス感染、ストレスなどが考えられています。治療は、ステロイドホルモンを中心に、循環改善剤、ビタミン剤などの投与を行います。難聴が高度であったり、めまいを伴う場合は、入院治療となります。高圧酸素療法を行うこともあります。できるだけ早期に治療を開始することが重要で、(特にはじめの 1 週間)、治療が遅れると治りません。

急性低音障害型難聴

原因不明で、急性あるいは突発的に感音難聴をきたす病気です。臨床的には、メニエール病と突発性難聴のちょうど中間に位置します。1990 年頃にわが国で認められるようになった新しい病気です。

  • ストレス、過労・疲労、体調不良などが誘因となります。
  • 症状は、耳のつまった感じ、耳鳴り(ゴー・ボーなどの低い音)、難聴、聴覚過敏(周囲の音が不愉快に響く)などがあります。
  • 治療は、循環改善薬、イソソルビド製剤、自律神経調整薬などを使い、難治例では、ステロイド、抗不安薬を使うこともあります。
  • 一般的には軽快しやすいですが、再発を繰り返す難治例もあります。
  • めまいを繰り返すようになって、メニエール病に移行することもあります。

心因性(機能性)難聴

耳自体には病気はなく、「聞こえの神経は正常である」、と考えられるのに、聴力検査で聞こえが悪い結果が出る場合に、心因性(機能性)難聴を疑います。

  • 「心の影響」があると考えられています。学校での出来事、友人や先生との関係、クラブ活動、勉強、家庭環境など、「心の負担になっていること」が原因であることがあります。
  • 確定診断のため、DPOAE・ABR などの詳しい検査を行います。

良性発作性頭位めまい症

内耳の小さな石(耳石)が半規管に入り込んで浮遊することによって、めまいを起こす病気です。
頭を動かしたときに内耳が刺激されめまいが起こります。耳石置換法をおこないます。多くは数週間で改善します。

メニエール病

めまい、難聴、耳鳴りを繰り返す病気です。内リンパ水腫(内耳のリンパ液の浮腫)が原因と考えられています。ストレスや自律神経との関連も強いといわれています。治療は、抗めまい薬、循環改善薬、イソソルビド(利尿剤の一種)、漢方薬などを用います。

めまいの検査

当院では、最新の機器を使用し、正確なめまい診断をめざしています。

1)聴力検査:当院の聴力検査室は、2 重防音扉の完全防音設計で、高度の遮音性能をもち、正確な聴力検査が可能です。メニエール病、低音障害型難聴、めまいを伴う突発性難聴、聴神経腫瘍、真珠腫性中耳炎、などの診断に重要です。
2)眼振検査:頭位表示装置を備えた赤外線画像検査装置を使用し、眼振の詳しい分析評価が可能です。
3) 重心動揺検査:体のふらつきをコンピュータで解析し評価します。
4) ビデオ眼振計(VNG):指標追跡検査(ETT)、視運動性眼振検査(OKN)など、正確な眼球運動の計測を行い、小脳・脳幹疾患などとの鑑別を行います。

前庭神経炎

激しいめまいを生じ、ウイルス感染が原因と考えられています。入院治療が必要となることが多いです。

■その他

 

顔面神経麻痺

顔の動きが悪くなったり、口から水がこぼれたり、閉眼が充分できなくなったりします。顔面神経は脳を出た後耳鼻科領域を通るため、耳鼻科で検査・治療を行います。

  • ベル麻痺(原因不明の末梢性顔面神経麻痺)
  • ハント症候群(水痘帯状疱疹ウイルスが原因。耳痛、発疹、めまい、難聴などを伴う)

早急に、ステロイド、抗ウイルス薬による治療を開始します。
 重度の麻痺では入院治療が必要です。